CSS Nite in Okinawa, vol.10

Webrexの主催により、Web制作者向けのセミナーイベント「CSS Nite in Okinawa, vol.10」を開催します。

このセミナーイベントは終了しました。

フォローアップ
フォローアップページへのID/パスワードはフォローメールに記載しています。

フォローアップ


イベント概要

イベント名 CSS Nite in Okinawa, vol.10
日時 2019年8月31日[土] 12:30-18:00(開場12:00)
会場 那覇市IT創造館
沖縄県那覇市銘苅2-3-6 2F大会議室
※お車でお越しの方は、近隣のコインパーキングをご利用ください。
※建物1階は入居企業の契約駐車場ですので絶対に駐車しないでください。
※なは市民協働プラザ共同の駐車場は2時間制のため利用しないでください。
定員 50名
出演
  • 鹿野 壮(ICS/インタラクションデザイナー)
  • 鷹野 雅弘(スイッチ) @swwwitch
  • 筒井 美希(コンセント/アートディレクター)
参加費
  • 4,000円
事前登録 必要
お申込みは締め切りました。多数の参加申し込みありがとうございました。
主催 Webrex
共催
運営
協賛
ビデオ参加 ありません
Facebook https://www.facebook.com/events/325114041710744/
Twitter ハッシュタグは#cssnite です。
懇親会 終了後、別会場で行います(別途参加費2,000円が必要です。懇親会参加費に関しては当日、会場にてお支払いください)。
18:30から2時間くらいの予定です。
参加特典 スライド、デモデータをセミナー終了後(後日)に、フォローアップメールにて共有します。

セッション概要と 出演者のプロフィール

2019年07月01日 時点での最新情報です。セッションタイトル、内容、出演者は、状況に応じて変更する可能性があります。

プロフィールは、本セミナーイベント告知時のものです。

今見直しておきたいCSS・JavaScriptの新機能

CSSやJavaScriptには、便利な機能が次々と追加されています。

CSSではFlexboxやGridによりこれまで面倒だった複雑なレイアウトが手軽に実装できます。
JavaScriptではES2015〜ES2019の新しいAPIにより、これまで冗長だった処理が簡潔に書けるようになりました。

年々追加されていく新しい機能をキャッチアップすることで便利にウェブ開発を進められます。

本セッションでは今見直しておきたいCSS・JavaScriptの手法について解説し、制作の現場で今すぐ使える知識の習得を目指します。

写真:鹿野 壮(かの・たけし)鹿野 壮(かの・たけし)

株式会社ICS所属のインタラクションデザイナー。

九州大学でメディアアートを学んだ後、株式会社ICSにてモバイルアプリ開発やウェブページ制作に携わる。最新のフロントエンド技術を駆使したコンテンツづくりが好きで、暇があればコードを書いている。ICS MEDIAの執筆者としても活動中。近著に『JavaScriptコードレシピ集』(技術評論社)がある。
ICS MEDIA : https://ics.media/

デザインツール最新事情(Photoshop、Illustrator、XD)

デザインツールのディファクトとなっているアドビ系のツールは、2012年にCreative Cloudとなり、いわゆるサブスクリション形式に移行しました。

契約方法だけでなく、機能強化のタイミング(メジャーアップデート以外のタイミングでも追加される)やバグフィックスの民主化(UserVoice)など変化しています。

もちろん、各ツールも進化しており、Adobe Senseiと呼ばれるAIテクノロジーによって面倒な作業が早くキレイに仕上がるようになっています。

このセッションでは、主にアドビ系のツールについて、大きな流れ、各アプリケーションのすぐに制作に役立つTipsを紹介します。

写真:鷹野 雅弘(たかの・まさひろ)鷹野 雅弘(たかの・まさひろ)

株式会社スイッチ

グラフィックデザイン、エディトリアルデザイン、Web制作の分野で、デザイン、オペレーション、設計・ディレクションなど、20年以上、第一線で手を動かし続けている。

そのノウハウをテクニカルライティングや講演に落とし込み、「制作→執筆→講演」のサイクルを回す。2015年から大阪芸術大学 客員教授。 2017年からAdobe Community Evangelist

テクニカルライターとして30冊以上の著書を持ち、総販売数は18万部を超える。主な著書に『10倍ラクするIllustrator仕事術(増強改訂版)』(共著、技術評論社)など。

2005年からWeb制作者向けのセミナーイベント「CSS Nite」を主宰。都内での開催を中心に日本全国に飛び火し、600回を越える関連イベントを通して、のべ7万名を超える方が参加。

2,000エントリー、年間300万ビューを超えるDTP制作者向けの情報サイトDTP Transitは13年目に突入。

Adobe MAX US 2018に出演。

越境しながら考えた「デザインの基本」

デザインの対象はどんどん広がり続けています。情報やスキルをアップデートすることは大切ですが、変わらない基礎力を身につけることも大切。本セッションでは自身が紙・ウェブ問わず幅広いプロジェクトに関わった経験から考えた、「デザインの基本」についてお話します。

「深く観察する力」「言葉にする力」「核を見極める力」「手段から考える力」「抽象化する力」。ひとつひとつ具体例を交えながら紐解いていきます。

写真:筒井 美希(つつい・みき)筒井 美希(つつい・みき)

株式会社コンセント

株式会社コンセント所属のアートディレクター。編集デザインのスキルを活かし、媒体を問わず幅広いジャンルの「伝わるデザイン」を手がけている。著書に、企画編集・デザインを自身で行った『なるほどデザイン〈目で見て楽しむ新しいデザインの本。〉』(MdN)がある。講演・ワークショップの実績多数。

参加費とお申し込み

お申込みは締め切りました。多数の参加申し込みありがとうございました。

CSS Nite in Okinawa, vol.10 は有料のイベントです。
ご参加いただくには参加登録と事前決済が必要です。

タイムテーブル

時間 セッション 所要時間
12:00 開場・受付開始 30分
12:30 オープニング 10分
12:40 Session 1:「今見直しておきたいCSS・JavaScriptの新機能」
鹿野 壮(ICS)
80分
14:00 休憩 15分
14:15 Session 2:「デザインツール最新事情(Photoshop、Illustrator、XD)」
鷹野 雅弘(スイッチ)
45分
15:00 休憩 10分
15:10 Session 3:「越境しながら考えた『デザインの基本』」
筒井美希(コンセント)
80分
16:30 休憩 15分
16:45 Session 4:パネル・ディスカッション
協賛6社による「沖縄にあったらいいと思うもの・サービス」がテーマの座談会
沖縄のIT関連企業で働く6名がテーマに沿ったトークを繰り広げます。
60分
17:45 エンディング 10分
18:00 終了  

開催の背景

CSS Niteについて

CSS Nite(シーエスエス・ナイト)は、Web制作に関わる方のためのセミナーイベントです。2005年10月、アップルストア銀座にてマンスリーイベントとしてスタート。当初は文字通り「CSS」にフォーカスしていましたが、現在は“Web 制作者にとって有益であろうトピック”を広く扱っています。

都内を中心に、神戸、岡山、山梨、札幌、静岡、広島、仙台、高知、高松、福岡、大阪、青森、また、海外では韓国でも開催。マークアップ系にとどまらず、WebディレクターやSEO、プログラマー系、経営者など、Web制作に関わる方の交流の機会となっています。

これまでに、620回を超える関連イベントを通して、のべ65,000名を超える方にご参加いただいています(2018年12月現在)。

FAQ

それぞれの質問をクリックすると、回答が開きます。

開催に関して

当日の配布資料はありますか?
ほかのCSS Niteと同様、基本的にありません。スライドなどは、開催終了後にダウンロードいただけるようにご案内します。セミナー中に撮影いただいたり、録音いただき、個人として利用されることはOKです。
ただし、撮影時に音が出る機器(携帯電話など)はご遠慮ください。
パソコンを持参した方がいいですか?
いいえ、必要ありません。パソコンを持ち込んでいただくのは結構ですが、電源は十分にありません。まわりの方と分け合ってご利用ください。
なお、「隣に座った方の、キーボードのタイピング音がうるさくて気が散る」といった苦情を最近よくいただきます。ご配慮をお願いします。
電源はありますか?
会場に両サイドにある電源をお使いいただいてOKですが、分け合ってお使いください(ぜひ、電源タップなど延長できるものお持ちください)。
また、ACアダプターにつまづいてPCが落下などされないように、くれぐれもお気をつけください(休憩中はコードをはずしておいたり、養生テープなどで固定された方がよいかもしれません)。
Twitterで実況中継してもいいですか?
はい、どうぞ。ハッシュタグは「#cssnite」です。なお、場合によっては、守秘義務に関する内容があります。講演者から指示があった場合、そちらは避けていただけますようお願いいたします。
ライブ中継してもいいですか?
こちらはご容赦ください(=NGです)。主催者サイドでライブ配信する予定はありません。なお、参加された方には、録画した動画を、後日、共有します。

お申し込み・決済に関して

請求書は発行いただけますか?
PDFに限り、発行します。請求書発行依頼フォームからご連絡ください。
領収書はいただけますか?
開催当日、領収書は用意していません。
Peatixの「領収書発行」に準じます。
諸事情で、遅刻(途中退席)しなければなりません。
問題ありません。ただし、部分的な返金等はご容赦ください。遅刻される場合、(すでに着席されている方の注意を削ぐため)次の転換/休憩時まで、会場の後部にて待機いただきます。
入金確認メールはいつ届きますか?
入金確認メールなどはお送りしません。

当日

何を持参すればいいですか?
筆記用具またはノートパソコンをお持ちください。入場の際はお申込み時のお名前を伝えてください。受付にて照合します。
映画館やセミナーなどで寒いと感じることがある方は、夏冬問わず、 ひざ掛けカーディガン等をご持参ください。
受講票はいつ届きますか?
受講票はありません。当日、お名前を受付にて照合します。
会場内は飲食可能ですか?
いいえ。会場となる大会議室での食事はご遠慮ください。ペットボトル等の飲み物はOKです。食事をする場合は、大会議室外のフリースペースを譲り合ってご利用ください。(ゴミはお持ち帰りいただけますようご協力をお願いします)
参加者の方のための飲み物などはご用意していません。ご自身でご用意ください。
遅刻しても入場できますか?
はい、ご入場いただけます。
電話やメールでの連絡などは不要です。
指定席ですか?
いいえ、自由席です。
視力の弱い方は、お早めにご来場いただき、見やすいお席を確保してください。
空席を荷物などでふさがないようにご協力お願いします。
禁止事項はありますか?
まわりの方の迷惑となりますので、シャッター音の鳴る機器、および、タブレットでの撮影を禁止します(スマホ、タブレット、コンデジ等、デバイスを問わず)。
スライドは、追ってダウンロードいただけるように、後日、フォローアップメールにてご案内します。
スマホで撮影されたい方は、無音カメラのアプリを事前にご準備ください。
スライドはダウンロードできますか?
はい、終了後にお送りする「フォローアップメール」にて、ダウンロードのURLなどをご案内します。開催後、遅くても1週間以内にお送りしています。
無線LAN環境はありますか?
ご用意しています。
電源はありますか?
会場内の電源を使用していただいて結構ですが、限りがあります。電源タップなどをご持参いただき、分け合って使ってください(ぜひ、電源タップなど延長できるものお持ちください)。
駐車場はありますか?
駐車場はございませんのでお車でお越しの方は、近隣のコインパーキングをご利用ください。建物1階は入居企業の契約駐車場ですので利用できません。また、なは市民協働プラザ共同の駐車場は2時間以上の駐車は警告対象となりますので利用しないでください。

キャンセルや払い戻しについて

諸事情により参加できなくなりました。
下記のキャンセルポリシーをご一読ください。キャンセルフォームからご連絡ください。
申し込みましたが、まだ、送金していません。キャンセルしたいのですが、キャンセル料はかかりますか?
いいえ、かかりません。
参加の意思がなくなった場合には、キャンセルフォームからご連絡くださいますと助かります。
急遽参加できなくなりました。代わりの人間が参加してもよいですか?
はい、どうぞ。その際には、フォームからご連絡ください。

キャンセルポリシー

決済後のキャンセルについては、下記のポリシーにて行わせていただきます。





7日前まで 全額返金
(フォローアップなし)
6日前から当日 返金なし(フォローアップあり)

全額返金は「1週間前まで」です。今回は土曜日開催ですので、その前の週の土曜日の17時を〆とします。

参加費のキャンセル返金に関して